割引券コードを決める時の注意点

あなたに限りなくほったらかしでの継続報酬をもたらせてくれる可能性のある1gのツールを作成します。
世界に一つだけのあなた専用の割引券となります。

■もし、あなたがこの割引券をどこかに忘れたり、落としたりして・・・
■誰かがそれをひろって・・・そこから(それを手にした人から)商品の注文が発生したら・・
⇒ あなたに報酬が発生します。
あなたの知らない間に発生してしまうのです。

そんなあなた専用の割引券のコードを決める時に注意する点を説明します。
確実にあなたに報酬がカウントされるようにするためのポイントです。

目次

割引券コードを決める時の注意点【結論】

【注意点まとめ】
・半角英数の組み合わせ。
・3桁~8桁~10桁~12桁~で。(必ずしも8桁というわけではありません)
・ただし、あまり長くするとお客さまがイライラして離脱されるかも知れません。
・また、ややこしいものも入力を敬遠される可能性があります。
■できるだけシンプルなものがオススメです。

その他の避けたいPOINTをわかりやすく解説します。

ハイフン(-)はNG!

なぜなら・・・ハイフンだと気付いてくれない可能性があるからです。

半角のハイフンと全角のハイフン、当然違いますけど・・・割引券を手にした人が半角と認識するか、全角と認識するかは分かりません。
さらには半角ハイフンを間違って全角で入力するかも知れないからです。

■ 半角のハイフン ⇒ –
■ 全角のハイフン ⇒ 
■ 全角の横棒 ⇒ 

違いがわかりますか?
パソコンやスマホのブラウザによっても、また表示される文字を選択しているフォントの違いによっても見え方が違ってきます。

ハイフンやアンダーバー ⇒ _ (半角)とか、_ (全角)も避けた方が無難です。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

ハイフンがらみで、こんなトラブルが発生したことがあります。

以前、半角のハイフンを割引券コードに設定されていた会員さまがいらっしゃいましたが・・・
お客さまが全角のハイフンを入力されたために割引が受けられなかったトラブルが発生したことがあります。
しかも会員さまに報酬がカウントされませんでした。

似たような文字は避ける!

■ 数字の1(イチ)と英語のl(エルの小文字)・・・違いを見分けられますか?
■ 数字の0(ゼロ)と英語のo(オーの小文字)と英語のO(オーの大文字)・・・入力する側が完璧に見分けられると思いますか?

ただし、tokyoOSAKAという意味のある文字を使っての割引券コードなら大丈夫だと思われます。

意味のある文字なら間違われる可能性が少なくなる

OSAKA2020・・・最初のOは英語のOの大文字で、2020の0はゼロ、だとわかります。
tokyo2020・・・ちゃんと区別してもらえると思います。

また・・・
TOKYO555とか、OSAKA777とか、FUKUOKA777といったようなコードもいいかも知れません。

自分の名前やニックネーム(ペンネーム)に関係させるのもアリ!

TANAKA とか AKITA とか、SATO といったようなものです。

※ ただし・・・
個人情報に関わるとか、身近な人たちから自分が特定される可能性があるのはイヤだ、という方は避けてください。

もちろん同じ割引券コードの申請があった場合は先着順となります。(ご了承ください)

まとめ

割引券コードの決め方注意点まとめ

繰り返しになりますが・・・

【まとめ】
・ハイフンはNG(トラブルの元になります)
・すべて半角英数
・数字の1と英語のl(エル)、数字の0(ゼロ)と英語のo(小文字)とO(大文字)を混ぜるのはオススメしません。

シンプルに、わかりやすいコードにしてください。

【割引券コードの申請】
こちらまでお願いします。

⇒ 割引券コードの申請フォーム

ここまでありがとうございました。

口コミアフィリエイトバナー
目次
閉じる