新入銀行員の5月病と6月病?【元銀行支店長】が心の持ち方・考え方をアドバイス

新銀行員5月病6月病心の持ち方イメージ画像

銀行員に限らず新社会人になって5月6月になったらブルーな気分になってしまい会社に行く気力がなくなるという人がいます。決してメンタルが弱いといったことではありません。
(自覚症状がある方へ・・・ぜひ気分転換のつもりで読んでいただけたらありがたいです)

元銀行員の秋田です。
(31年間銀行に勤務、支店長職・個人ローン部門の部長職経験しました。中小企業診断士第209619号)
銀行定年退職後にネット通販とコンサルタントの二足の草鞋で起業しました。

【今回の記事がオススメな人】
■ 銀行に入行して1ヶ月、2ヶ月・・・「あれっ、ちょっと違うかな?」と感じ始めた人
■ 何となくやる気が起きない、気分がすぐれない人
■ 銀行・金融機関に入社した人以外の方でも(新社会人になって)ブルーな気持ちになっている人

という悩める・迷える新人さんの「何かしらの行動のきっかけ」になればという思いで書きました。

人は生きものです。機械、ロボットではありません。体調の良・不良もあります。
人はどんな要因がきっかけで心が折れるかというのも簡単にはわかりません。

本人すら気づかない、周囲も気づけない時があります。

【結論】
■ エネルギーの行き場がなくなることも要因の一つとしてあります。
■ 今が、近未来が見通せないなら・・・あなた自身の「未来」に投資することに思考を向けて行動してみることをオススメします。
■ 銀行を(会社を)大いに利用しましょう。未来への投資の間、あなたを養ってくれるのですから。

銀行員としてお客さまはもちろんのことですが、いろんなタイプの上司・同僚・部下・後輩をみてきました。人の強み・弱み・個性といったことの他に、人同士の関係・距離感などを身近に「体感」してきました。

経験からの話です。
今回の記事は ・5月病・6月病になる理由とその対処法 ・人生創造の(前向きな)話について解説します。

私は若い頃に1年間で宅地建物取引士(旧・宅地建物取引主任者)と中小企業診断士の資格を取得したことがあります。その体験(合格したことよりもチャレンジ体験そのもの)が一生役立っています。
 

スポンサードリンク

目次

新人銀行員が5月病・6月病になる理由と心の持ち方・考え方

5月病6月病のイメージ画像
ある日突然やってきたりするもの

銀行だけに限らずどんな職場や会社でも同じですが・・・新しい環境に入っていく、馴染むというのは(精神的には)なかなか大変です。(その理由は・・・)

そもそも人は性格や人のコミュニケーション能力なども違いがあります。
同期入社であっても・・・年齢がいっしょ、学んできたものもいっしょ、ではありません。

しかもそんな集団の中において、、
みんなそろっての、ヨーイドン、ではない、からです。これが最大の理由の一つです。

どういうことかというと・・・
年下なのに先に入行していてバリバリ仕事ができる人材、はるか彼方を走っている年上の人たち・・・
そんな複雑な人間の集まりが職場です。

銀行員5月病6月病の要因イメージ画像

そもそも新しい環境へ馴染む・馴染まないというのは、新人さんの側の性格や考え方などによっても当然に違ってきます。
自分から仲間に・職場に・新しい環境に「溶け込んで」いかなくてはならない、のが大変なのです

自分の「立ち位置」がまだつかめていない、のですから。それなのに「紛れ込まない」といけないのです。

固まっていない、迷っている、どうする、どうしたらいい、という気持ちが揺れ動いているままなのに・・・周囲が、もの凄いスピードで日々が動いていくのについていけない、のです。

※ えてして・・・立ち止まって「自分の気持ち」を整理する余裕さえないのが実社会です。

■ どうする?
■ どうしたらいい?
■ どうすべきか?
■ 自分はどうしたい?
■ 周囲はどうみているのだろうか?・・・

こういった複雑な気持ち・思考・不安が・・・やる気が起きない、という形で表面化するのが5月病・6月病です。

何といっても違う環境、違う人たち、違う人生観・・・そこに複雑な人間関係も絡み合っていますから処方箋は単純ではないのです。

それともう一つ(当然のことですけど)理解しておくべきことがあります。
それは・・・

学生時代と違うルールと年間行事予定で動いている社会の一員となったから・・・

■ 4月スタート、9月で半期の締め。そして
■ 10月下期スタート、翌年3月締め(1年間の総決算)・・・これがずっと続いていきます。

新銀行員心の持ち方イメージ画像
違うルールに、これまでと違うリズム・・・そして「数字」に追われる・・・

夏休み、試験休み、冬休み、春休み・・・といったリズムはどこにもありません。

少なくとも・・・2年目以上の先輩方はみんな馴染んでいます。当たり前のライフスタイルが出来あがっているのです。

そんな人たちと同じレベルで競ってはいけません。 まして、他の業界に進んだ友人と自分を比較してはいけません。

何といっても銀行業界ほど予算(目標)と実績を、日々(毎日のように、毎週のように、毎月のように)シビアに追求する業界はそんなにないと思います。

矢印
受け身で人生を創造するか、自分で自ら創造するように「仕掛ける」か・段取りしていくか

ですから、それに振り回されてはいけません!

【ここでのまとめ】
■ 自分は、今から、これから、自分なりのライフスタイルを「新しく作っていくんだ」と思考してください。
■ どんな未来の自分にするか、ワクワクドキドキするんだ、そうしてヤル、と考えるようにしてください。

あなた方はすべからく、未完の大器、なのですから。
真っ白なキャンバスなのですから。

新人銀行員が5月病・6月病になった時に再認識しておいて欲しいこと

10のポイントイメージ画像

以下の10のポイントを理解してください。

【1】社会には、職場=組織にはルールがあり、ルールが動いている。
【2】周りは決められたルールで動いている。
【3】あなたはこれまで何も知らなかった。
【4】でも、周囲のみんなは知っています。
【5】ベテラン銀行員はもちろんのこと、支店長といった先輩方は「できて当たり前」です。
【6】あなたは「できなくて当たり前」です。
【7】何ごとをやるにしても自分の距離感がわからない・・・それでOKです。
【8】来年の今頃は、距離感バッチリになっているはずですから。
【9】きっと、来年の新人さんにいいアドバイスができることになります。
【10】記録するまでもありませんが、今の迷いを記憶にとどめておきましょう。

だから・・・自分の未来(来年の今頃ではありません。もっと先です)の一部に目を向けてください
その方がいいですよ。

人生創造につながる解決法はこれだ!

5月病6月病を克服するための人生の創造イメージ画像
(繰り返しますネ)受け身でも、前向きでもあなたの人生を創造するのは「あなた」だけ!

ズバリ、自己啓発に目覚めることです。
なぜなら・・・本来、銀行員になろう、という思考・選択ができる人は上昇志向がそれなりにあるはずだからです。

自己啓発=勉強する、資格試験にチャレンジする、ということではありませんよ。

自己啓発 ≠ 勉強・資格試験合格

自己啓発=自分磨き、です。

自分の(隠れている、気づかない、知らなかった)欲求に応える、自分を目覚めさせる、というのがいちばんです。

学生時代までには気づかなかった、自分の才能=財産です。
ここでの才能=好きなもの・コト、と同じだととらえても構いません。

実は・・・この新たな「気づき」は、それはやってみないとわかりません
発見できないのです。

だから、やってください!

銀行では各種検定試験(金融業界内の資格検定)や公的資格などの斡旋、ある程度の取得義務づけがあります。
そうではなくて・・・

■ 自分が好きなもの、興味を持てるもの、でOKです。
■ 料理好きなら(銀行員だけど)フードコーディネーターの資格にチャレンジしてみるとか
■ 手先が器用なら、レザークラフトにチャレンジしてみるとか・・・

通信講座一覧みたいな趣味の講座をながめるだけでも「気分転換」にもなりますし、ワクワクドキドキを体感できます。

社会人は学生と違って給料をもらえます。
自分への投資は(モノにもよりますけど)そんなに負担にはならないはずです。

数万円の投資ならまさに自分の未来への投資そのものだと考えて踏み出してもいいかと思います。

思考を変えても行動を変えられない、違う方向に向かう人への注意点

残念な人・残念な日
2つのタイプの人間が存在します。あなたはどっち?

思考を変えても、行動が変わらない人、がいます。(前者)・・・問題外です。

思考が、違う方向へ飛んでいく人、がいます。(後者)・・・残念!です。

理由は何でもいいです。「よし、ダイエットのためにジョギングしようか!」と決意したとします・・・それなのに、、

前者 ⇒ 明日からでいいや、今日はゴロゴロしよう、今日はお酒を飲もう、という最終結論に至る人のことです。
後者 ⇒ ジョギングをやろう、と決めたのに今日から動かないで・・・ジョギングシューズやウェアを買いに行く人のことです。

ジョギングやろう、と決めたら(そんな思いが心に芽生えたら)、今すぐに5分でいいから走ってみるのです。

理論・ノウハウ・走り方や道具は後回しです。
世の中、成功する人・しない人、成功できる人・できない人、の違いはこんなところにあるのかも知れませんよ。

まとめ・・・自分磨きがいちばん!

5月病6月病は、心がとどまり始めようとしている前触れです。
災害が起こる時の前兆です。

5月病6月病のためのまとめイメージ画像
あなたは「原石」です。どんな風に磨けば輝くかというのは、磨いてみないとわかりません!

心は磨き続けないと曇ってしまうように、自分の才能=財産=資質・才能=ダイヤモンドの原石部分=光輝くもと=自分が本当に好き、なもの=自分が本当にやりたかったこと、は磨かないと光を放たないのです。

シビアなアドバイスを・・・
昔からよく水の流れにたとえられますが・・・とどまった水は「よどみ」ます。

腐れます。

人もその場にとどまると・・・気持ちも心も「腐れ」ます。
行動する、動く、というのがいちばんです。

もちろん、寝ている時は別ですよ。

【まとめ】
■ 銀行内部で出会えることとは違うものにエネルギー(時間とお金)を向けましょう。
■ チャンスです、お金をもらいながら・・・自分磨きができるのです。
■ 繰り返します、銀行とは無縁と思える「もの」に思考を向けてください。

間違いない! です。
長年の体験から・・・(確実に)言えることです。

そこからの輝きが仕事そのものはもちろんのこと、人生そのものを変えてくれますから。

銀行員で、しかも男性で、料理好き、「男性料理教室」に通った・・・そしたら・・・
■ 行内で単身赴任者向けの料理講座を開設してしまった、
■ 支店のお客さまと合同のイベントに呼ばれた、
■ 料理本を出した、
■ 講師デビューが決まった、
■ 地元のテレビに出演できた・・・

 料理教室での出会いが、いえ(ひょっとしたら素敵な)出逢いがあるかも知れません。

捕らぬ狸の皮算用ではありませんが、素敵な伴侶が・・・
まさに「夢は広がる・・・海へ山へ」ですね。

ここまで本当にありがとうございました。

 
【追伸】
個別的に相談したい、という時はどうぞ遠慮なく お問い合わせ からどうぞ。(SNSのメッセージやYoutubeのコメントからでも構いません)

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

あなたの1万円(一回きり)と私の1万円~10万円(毎月毎月)をかえっこしませんか?

口コミアフィリエイト割引券
重さ約1g(1枚3、4円~5、6円で印刷可)の「あなた専用の割引券」が
5,000円に化けたり、毎月入る継続報酬につながったりする可能性があります!

この記事を書いた人

60歳過ぎの中高年。地方銀行を定年退職後にネット通販で起業、コンサルタントとの二足の草鞋を履いています。オリジナル副業モデル=割引券を使った副業【 口コミアフィリエイト 】を提案しています。

目次
閉じる