60歳からのアフィリエイト【覚悟編】

ししし

ととと

秋田です。
もし、あなたが副業・ネットビジネスとしてのアフィリエイトにチャレンジしようか、と思い立って(これからいよいよ)スタートしようかな、と思っているなら・・・最初に知っておいて欲しいポイントがあります。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

覚悟、とタイトルをつけました。
精神論(マインド)・気合い的な話になりますが知っておいて損はしないと思います。

以下のようなことを頭に入れておいた上で「今から参入する」という覚悟をしてください。

1.1記事の文字数約3,000文字の記事を100記事以上は書く・投稿する。
2.300記事、500記事、1,000記事と「質の良いコンテンツの充実」を目指す。
3.書こうとするテーマ・キーワードでの検索結果(最低)上位1~10位の記事は必ずチェックする。
4.上位記事には「書かれていない」、自分独自の視点・切り口からの記事内容にする。
5.慣れるまでは1記事作成するのに5、6時間~7、8時間はかかることを覚悟する。
慣れてきたら上位記事の分析チェックが1時間、独自の記事の構成を考えて実際に記事作成を終えるまでが1時間の計2時間で仕上げることができるようになることを目指す!

この覚悟ができる60歳以上の方は今から初心者としてアフィリエイトにチャレンジしてもいいかも知れません。
応援・アドバイスさせていただきます。

自分流で600記事を書き続けました。(そのうち6ヶ月間は毎日記事作成したのに)
けど・・・1位表示されたのはたった1記事だけだった秋田がアドバイスするブログです。
※ ぜひ、私の後に続かないようにしてください。
(今、その記事はライバル数約2億ページ数の中で2位、3位にいます)

その体験から60歳以上の中高年でもできる 口コミアフィリエイト を誕生させました。
なぜなら・・・ブログアフィリエイトだと再現性100%ではありませんし、厳しいですから。

それよりもずっと【お手軽】【簡単】【即効性あり】【ほったらかし】【継続報酬】で
再現性を100%に近づけたのが口コミアフィリエイトだからです。

目次

アフィリエイトをやるなら、ここまではやるッ! と決意・決断・決心をしてください!

ネットビジネスでのアフィリエイトにはいろんなパターン・やり方がありますが・・・ここではブログアフィリエイトを前提とします。(ブログ記事を投稿することで集客して、その読者にクリックしてもらったり、紹介・案内した商品を購入してもらったりして報酬を得よう、というビジネスモデルです)

ブログアフィリエイトとは・・・「テーマ」や「キーワード」を決めて、ひたすら記事を書く・投稿する・それを続ける、というお仕事になります。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

あなたが・・・たとえば「ダイエット やり方」で検索したとします。
検索結果の1位から見ていって、何位くらいまでをクリックしますか?

■ そもそも検索結果の記事数(ライバル数)はどのくらいのページ数がありますか?(何百万?、何千万?・・・)
■ あなたが普通に1位~3位、5位くらいまでしかチェックしないというなら・・・他の人も同じようなものです。
■ ということは・・・あなたの書いた記事は1ページ目に入らないと(1~10位以内)、読まれない、ということになります。

さあ、そんなライバルたちがすでに戦っている「ところ」に参入するのが、あなたがやろうとしているアフィリエイトです。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

では、具体的にどんな感じで記事を作成するのか、をお話します。
どう感じるかは、あなたの自由です。

文字数はどのくらいの記事を、どのくらいの数だけ書けばいいの?

【結論】ズバリお答えします。
■ 2,000文字~3,000文字くらいの記事を目安に書いてください。もちろん1万字、2万字となっても構いません。
■ 目安は最低でも100記事くらいは書いてください。さらにドンドン記事数を増やしていきます。それでも・・・
■ あなたのブログが5位で1ページ目に表示されていたとしても、6位、7位、8位といったライバルが300記事、500記事とコンテンツの質と量を充実させたら・・・当然にランクダウンします。
■ つまり・・・集客のための順位競争は・・・エンドレスの戦いなのです。

※ もちろん競争・順位付けの基準として量がいちばんの要因になるものではありません。あくまでも質=滞在時間の長さやスマホでもちゃんと見やすく表示されるか、表示が遅くないか、たくさんの人に支持されているか(リンクがあるか)・・・などいろんな要因で順位は決まります。
※ しかも、毎年のようにその基準が大きく変わったりもします。
(もともとGoogleは年に数回はアルゴリズムの変動を行っているとの話です)
■ 昨日までの1位が、今日は10位、明日は圏外といった不幸が起こり得るのがネットビジネスでの検索エンジンの世界です。

※ 読者の役に立たない記事(そんなレベルの情報しか提供できない記事)のことをゴミ記事といったりします。
ゴミ記事は100記事書いても、1,000記事書いてもゴミ記事です。⇒ 検索エンジンからは評価されません!

検索エンジンにゴミ記事(役に立たない記事)と判断されないために・・・ライバルたちはどうしているのか?

【結論】これもズバリ解説します。(たとえば「ダイエット やり方」というキーワードで記事を書こうとした場合)
■ 「ダイエット やり方」で検索した結果の1位~10位までのサイト・ブログを全部チェックします。
※ 人によっては20位くらいまで分析する人もいるらしいです。
■ 見出しは、キーワードは、どんな内容が書かれているのか、誰が書いているのか、ブログそのものの特徴は?
該当する記事の(他の記事と比較しての)違う点=個性(他の記事と比較しての独自性)は何か?
■ そんなことまで分析した上で・・・自分の独自の意見を加えるとしたら何が「自分の記事の個性」としてプラスできるだろうか? ということを検討します。
■ みんなが共通的に書いている内容は・・・自分も書かないと不十分だと判定されます。
■ 自分独自の視点からの記事がないと、出回っている記事のマネ=ゴミだと判定されます。
必ず、自分独自の視点からの内容を加えないと「質がいい」記事だとは判断されません!

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

ブログ記事作成を1年くらいマジに続けているベテランでも・・・書こうとするテーマ・キーワードのライバル分析に約1時間くらいは時間を使うらしいですよ!
⇒ ということは・・・記事の構成を考えたりしながら実際に記事作成が終了するまでには・・・すぐに2、3時間はかかる、ということです。

毎月、50万円、100万円・・・と稼ぐようなアフィリエイターは・・・お金になりそうなテーマ・キーワードで検索結果において上位に表示されるような記事を書いている人は・・・1つの記事を仕上げるのに・・・

最初は・・・1記事作成に7、8時間かかってしまっていた! というのが成功しているアフィリエイターの実態なのです。

あなたは稼いでいるライバルたちと同じようなことができますか?
それを毎日のように投稿しながら、100記事、200記事と続けていくことができますか?
さらに、自分独自の目線・視点からのオリジナルな記事でないと評価されません。そんな記事を・・・

コツコツと積み上げていかなければなりません!

どのくらいの記事数を書けば集客につながるものか?

【結論】です。テーマ・キーワードと、その同じ記事内容でのライバル数とライバルの記事の質にもよりますが・・・
■ 運が良ければ、テーマやキーワードと記事の質次第ですが・・・40、50記事でも上位に表示されることもあります。
■ でもブログ全体の「力(パワー)」を考えると、やはり100記事は最低でも目安にして頑張ることが大切です。
■ 半年、1年と続けて結果をチェックしてみてください。
■ 1年もやってみて、意図したように上位に表示されない、集客につながらない、となれば断念するか・持続するか、の判断・決断をする時がやってくると思います。(そこで判断することをオススメします)
■ 思うような成果につながらない、となればあきらめて「次のテーマ・キーワード」でのアフィリエイトに向かうのみです。(もちろん挫折するのが普通の人です)

次のようなケーススタディを耳にしたことがあります。

毎月100万円以上稼いでいるベテランでそれなりのスキルのあるアフィリエイターが・・・
新しいテーマでブログアフィリエイトをスタートさせましたとさ。

どうなったと思いますか?

1年で約900記事作成して投稿し続けたそうです。(毎日平均2.5記事の投稿です)
それでも思ったような集客につながらずに、そのブログはあきらめたとのことです。

900記事って凄くないですか。それなのに・・・
こんなことも起こり得るのがアフィリエイトの世界です。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

これまでのやり方で記事投稿を続けていても・・・
ある突然、検索エンジン側の判断基準が変われば(変更になれば)
一夜にして圏外も起こるのは前述したとおりです。つまり・・・

アフィリエイトはやってみて、半年・1年後に上手くいった・ダメだった、が
後からになってはじめてわかるビジネスモデルなのです!

頑張り続ける過程で注意する点がありますか?

記事の書きっ放しはダメ! だと認識してください。

【結論】です。ビジネスの世界にPDCAを回すというのがありますが・・・まさにソレをやってください。
■ 記事を投稿して1、2ヶ月して検索順位に反映されるようになり、落ち着いてきたら・・・自分の記事をチェック!
■ 何位にいるのか?
■ どんなキーワードから検索されて、どこから訪れてきているのか?
■ 自分の記事が・・・なぜ、上位に表示されているのか、なぜ上位として評価されていないのか?
■ 上位表示されているライバル記事との違いは何なのか?
■ メンテナンス(記事の見直し・リニューアル)するならどうすればいいのか?

といったようなことを分析して、その結果を記事に反映させてください。つまり・・・
記事のリライトです。

※ リライトとは、他の人の記事を参考に自分の言葉で書き直す(限りなくパクるに近い)ではなくて、自分が書いた記事を見直して(より上位で評価されるように)書き直すことです。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

ここでの上位表示された自分の記事というのは・・・20位以内が目安です。
それよりも後の順位だとそもそもがゴミ記事だと思ってください。

チェックするためのツールはいろいろあります。(無料から有料まで)
別記事にてご案内予定です。

アフィリエイトで稼いでいる人・成功している人は・・・
記事を書いたら(1ヶ月後くらいに)見直し、という作業をルーチンとして行っている、
そんなものだと認識してください。
そして必ずあなたもマネして実践してください。
見直しは1回きりではありません。絶えず、です。

他にも注意する点がありますか?

【結論】です。ズバリ、日によって言うことが(書いてる内容が)違う、というのは致命的です。
同じテーマ・キーワードの記事を書かないようにする。
■ 書いた記事の内容については(エクセルなどで)ちゃんと管理・記録しておく。
■ ある日の記事では・・・○○は○△が大事です、と記事作成したのに・・・後日の記事で○○なら○×が大切、と書いたら・・・読者はどちらの意見を信じればいいものでしょうか?
■ 検索エンジンの人工知能はどう判断すると思いますか? ⇒ ブログ全体の信頼性が下がります。

記事数が増えてくると(しかもその時々の自分の思いつきでテーマやキーワードを選んで書くと)過去に書いた記事のことを忘れてしまい、後から同じテーマ・キーワードの記事を別の内容で書いてしまうことがあります。

【問題点】
・同じテーマ・キーワードの記事をいくつも書くことは「わざと記事数を水増し」していると判断されます。
・もし、違う内容の記事を書いてしまったら・・・読者はどちらの記事が正しいと判断すればいいのか、迷ってしまいます。
・2020年版、2021年版とバージョンアップというか、リライトするのは構いません。
・もし、前の記事を残したまま新しい記事を書くのであれば・・・古い記事を新しい記事にリダイレクトさせる必要があります。
・とにかく、「読者を迷わすこと、不親切なこと」などをすると評価は下がります。

リダイレクト・・・転送させること。
・サイトが移転した時に、古い住所(アドレス)にやってきた読者を新しい住所(アドレス)に転送させる時や
・同じサイト・ブログ内で、ある記事にやってきた読者を別の記事に転送させる時などに設定します。

リダイレクトについてはこちらの記事も参照ください。

アフィリエイトにはこんなリスクもある! ある日突然、報酬が消える?!

よく言われるのが・・・無料のブログと有料のブログでの違いと比較(メリット・デメリット)についての話です。
無料ブログは、いつサービスの提供側がブログサービスを【終了】させるかわからないので・・・普通は有料でのブログ作成をオススメしますよ、というのが世の中の声です。

でも・・・有料ブログでも報酬が消えるリスクがある、ということを理解しておいてください。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

体験から2つのケーススタディを紹介します。

アマゾンでのアフィリエイト(アソシエイツ)のアカウントが消えた?!

アマゾンのアフィリエイトはアソシエイツと呼ばれます。
動画のノウハウ(Youtubeビジネス)を教えるサイトなどでは撮影用の機材や編集ソフトなどを紹介したりします。

そんな高額機材の紹介だけでアマゾンから毎月20万円、30万円と稼いでいる人もたくさんいるみたいです。

さて、そんなアマゾンのアフィリエイト(アソシエイツ)ですが・・・
私もアフィリエイターとして登録していました。(過去形です)

それが・・・ある日突然にアカウントが消えました。

【理由】
・長い間、売上が上がっていないから、ということでした。(理由を教えてもらえない場合もあります)

【ここから学べること】
・アフィリエイトは(広告主側の都合で)いつ何時、切られるかも知れないというリスクがあるということ。
・となれば・・・リスク回避のために複数のブログを所有したり、他の副収入の入口を確保したりすることが大事。

a8ネットで提携していた広告が広告主から切られた!

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

私がXサーバーの愛用者であることは本ページにも記載しました。
(実際、当サイトもエックスサーバーです)
その私がa8ネットで提携していたエックスサーバーの広告ですが・・・
ある日突然、広告主から打ち切られました。

エックスサーバーを愛用している私が、
a8ネットで広告提携していたエックスサーバーの広告を
広告主であるエックスサーバーから、切られました!

さすがにショック! でした。(苦笑・苦涙)・・・2020年1月の「とある日」に解除されていました。
何ヶ月か経過してからa8ネットの会員ページにログインしてみて、はじめて気づきました。

理由は不明です。まさに・・・ある日突然、です。
ヤバいようなことをしていたわけではありません。何といっても普通のサラリーマン上がりの中高年なのですから。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

a8ネットは日本最大級のASP(広告主とアフィリエイターとの提携をしてくれる会社のこと)です。
今でも、私は利用し続けています。それでも上記のようなことが発生した、ということだけは知っておいてください。

【ここから学べること】
・ネットの世界では・・・ある突然のリスク発生が起こり得る、というのを理解しておくべきだ、ということ。
・リアルの世界ではお客さまとトラブっても、お詫びして頭を下げることで後日親密になれたり、さらにビジネスがうまくいったりということがありますけど・・・ネットの世界は難しいですね。
リスク回避の手段として ⇒ 複数のブログを運営するとか、副収入の入口を増やしておくとか、違う副業にもチャレンジするとか、といったことが大切だということになります。

※ 世の中に悪徳業者と呼ばれる人たちがいますけど・・・ASPでも(広告主でも)アフィリエイターへの報酬をわざと不計上にするような業者もいるとのことです。
※ 信頼できるようなASPと広告主を選ぶことも大切です。
※ 信頼できるASPとしては・・・a8ネットやAfb-アフィbが有名です。

【アドバイス】
ネットでのアフィリエイトは「ある日突然」のリスクをずっと意識しながら
取り組むことが重要です。(その上で、リスク回避をどうするか、ですね)

ユーザビリティとは?・・・ぜひ意識しておきたいブログの「ブランド ≒ 信頼性」を高める、ということ!

昔、SEOを駆使して上位表示させていた某サイトで・・・肩こりの原因は「幽霊かも知れない」というようなQ&Aサイトがありました。(とんでもない大手の会社のサイトで社会問題にもなりました。そのサイトは消滅しましたけど)

そこから検索エンジンの人工知能はどんどんアルゴリズムを変化させていきます。
(急に進化のスピードが上がったような気がします・・・人工知能を開発している側が対処したことになります)

検索エンジンの人工知能の進化は・・・どんな流れになってきたのか、その流れはさらに進展するのか?

あなたはどんなに詳しい知識があっても・・・医者(ドクター)が書いた健康や薬やサプリに関しての記事に負けます!
あなたが医者なら別ですけど。

検索エンジンはそう判断するようになってきています。
すでに専門家として評価されている人・組織・そんな人が書いたブログ記事と競争すると単純には「負ける」ということになります。

検索エンジン人工知能(読者目線) VS ブログ運営者(記事作成目線)

検索エンジン人工知能(読者目線)ブログ運営者(記事作成目線)
読者に間違った情報を提供させないために
それなりに権威のある人の記事を評価する
医者・弁護士・○○士・・・
自分に権威がなければ・・・
信頼できる記事を書き続けることで
権威=検索エンジンからの評価を上げるしかない
サイト(ブログ)を運営している人の権威か
サイト(ブログ)そのものの権威か
その両方の積み上げか
誰が書いた記事なのか、が大事
読者目線で書かれているか、も大事
さらに、サイト全体が読者にとって役立つものに
なっているかどうか
、も重要
検索エンジンの進化に備えるためには・・・

読者にとって役立つものになっているかどうか ⇒ ユーザビリティ、というキーワードが重要。

ユーザビリティとは

このキーワードは忘れないようにしてください。

【ユーザビリティとは】
■ 今はPCよりもスマホの愛用者の方が圧倒的に多い・・・スマホで見やすいサイト・ブログになっているかどうか。
■ ページを読み込むスピードが遅くて読者をイライラさせることがないかどうか…サーバーのスペックも関係してくる。
(重たい画像をたくさん使っているとユーザビリティに欠ける、ということになります)
■ サイト・ブログ内で「あの記事・この記事」と読みたい記事にすぐにたどり着けるか。
■ 回遊性に優れているかどうか、の一方で・・・滞在時間が長くなればなるほど、検査エンジンはいいサイトだと評価する。
■ クリックしたのに「ページがありません」が表示されるような読者にとって不親切なサイト・ブログでないかどうか。
■ 誰が書いた記事か。(その人は信頼できる人なのか)
■ いいかげんな記事(ページ)=ペラ記事がないかどうか。
■ 同じようなテーマ・キーワードでの記事がないかどうか。まして、書いてある内容が違えば・・・読者は迷います。
■ 他のサイト・ブログからのパクリ記事がないか。
■ 他のサイト・ブログ(先行者)と似たような記事ではないか。独自性があるかどうか

【ここでの結論】
・読者に役立つ記事を作成し続ける、というのは大変!です。

60歳からのアフィリエイト【覚悟編】のまとめ

このページはわざと画像をほとんど入れていません。(お気づきでしたか)
かなり読むのに苦労したと思います。

現代人は文章を読むのが苦手です。動画の方が当たり前になってきている時代です。
ですから ⇒ ブログは・・・短文で、アイキャッチ的な画像もたくさん挿入されている記事がドンドン増えているかと思います。

そういった読みやすいサイト・ブログが評価されるようになってきているのだろうということも理解できます

となれば・・・今後、読者に提供するコンテンツも「動画」がよりユーザビリティだと言えるようになるはずです。
意識して他のサイト・ブログを読んでください。チェックが大事です。

さあ、アフィリエイトにチャレンジしよう! と決意したあなたです。
あとは・・・どう考えるか、ですね。

こんなケーススタディと最近の動きがあります

【ケース1】
毎月毎月ブログで200万円、300万円と稼いでいた人の本音ベースの話からです。
(今ではその人は毎月1,000万円レベルの収入になっているみたいです)

ユーザビリティを追求した、質の高い記事=コンテンツを約1,000記事投稿(約3年間、毎日毎日、1日も欠かさず投稿)したアフィリエイターの話です。

■ 約1,000記事の中で収益につながっているのは約10記事くらいだということ。
■ 残りの記事は・・・そのマネタイズする記事へ導くための入口のような役目を果たす記事だということ。
■ サイト・ブログの権威を高めるために1,000記事があって、10記事につながっている、ということらしいです。

※ この方は毎月300万円くらい稼げるようになった後(SNSでのTwitterからの集客は併用されていましたが)
・・・Youtube動画の投稿をプラスして、最終的にはブログ更新を止めるように方針を変更されました。
つまり・・・
ブログだけでは限界がある、ということです。
※ 今では・・・Youtube動画とSNS(Twitter)を駆使して毎月1,000万円の稼ぎになられたみたいです。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

ブログアフィリエイトの限界というか、時代の流れを感じませんか?

【ケース2】
もう一つのケースは、ブログから毎月数百万円稼いでいた人ですが・・・はやくからYoutube動画への参入をされました。

■ ブログアフィリエイトの将来性を見越してYoutube動画ビジネスへと舵を切った形。
■ 完全に主体とした活動の場が動画の世界へと移った人です。
■ ブログはオワコン、と言っておられます。

※ この方も・・・SNSのTwitterからの集客とYoutube動画の投稿からの集客をビジネスに活かす方向を選択されました。
※ 繰り返しますが・・・ブログだけでは限界がある、ということになりますね。
※ もはや、ブログアフィリエイトは「レッドオーシャン」なのかも知れません。

秋田秀一のアイコン画像秋田秀一

ぜひ覚悟して・・・(ブログ)アフィリエイトをスタートさせてください。

まとめ

【まとめ】
・ブログアフィリエイトをするなら・・・ユーザビリティの追求を忘れないように。
・検索エンジンは絶えず進化し続けている、ということも忘れないように。
・ライバルはそんなことまで意識して記事を書き続けている、のです。
・そして・・・「覚悟」してください。
⇒ 時間とエネルギーと「勉強」です。リターンまで最低100記事、半年・1年はガンバる! と。
・ブログだけでは限界があるのでSNSやYoutube動画なども習熟して活用することも「覚悟」する!

ここまで本当にありがとうございました。

【追伸】
ブログはオワコン・ムリゲー?というキーワードで作成した記事もあります。

口コミアフィリエイトバナー

この記事を書いた人

60歳還暦過ぎの中高年。31年勤務した地方銀行を定年退職後にネット通販で起業しました。中高年のための最短コースでのアフィリエイトや副業についての情報を発信しています。【苦労なし】の口コミアフィリエイトを主宰。

目次
閉じる